表紙へ
総合目次へ

東京通信工業(SONY)
トランジスタの型番推移
第一世代
第二世代
第三世代
第四世代
高周波増幅(中波)
2T73 →
2S145 →
2S132 →
2SC73
2T551
2T552
高周波増幅(短波)
2T78 →
2S136 →
2SC78
2T201 →
2S137 →
2SA121
2SA122
2SA123
2T204A →
2S138
2T205A →
2S139
周波数変換、混合(中波)
2T512
周波数変換、混合(短波)
2T201 →
2S137
2S132 →
2SC73
中間周波増幅
2T75 →
2S133 →
2SC75
2T76 →
2S134 →
2SC76
2T77 →
2S135 →
2SC77
2S173 →
2SA121
2T521
2T522
2T523
低周波増幅
2T11
2T12
2T13
2T14
2T14
2T15
2T16
2T17
2T63
2T64 →
2S127
2T65 →
2S128
2T66 →
2S129 →
2SD66
2T69 →
2S130
2T67
2T31 →
2SB48
2T31 →
2SB49
2T31 →
2SB50
電力増幅(中出力)
2T85 →
2S131
2T84
2T86
2S151
2T32 →
2SB51
2T32 →
2SB52
2T38 →
2SB53
電力増幅(大出力)
2T501
2T301 →
2SB140
2T302 →
2SB141
2T303 →
2SB142
2T303 →
2SB143
2T303 →
2SB144
2T304 →
2SB145
2T304 →
2SB146
2T305 →
2SB27
2T305 →
2SB28
2T305 →
2SB29
2T306 →
2SB30
2T306 →
2SB31
低雑音
2T681
スイッチング
2T682
一般用
2T54 →
2T524

電極配置は 離れているのがコレクタ、真ん中がベース、端がエミッタです。
(等間隔で足の出ているタイプは、コレクタ側に赤ポッチや丸印がついていて、真ん中がベース)

この当時のトランジスタはリーク電流が大きいので、hfeの測定は少し注意が必要です。

型番の変遷は以下の資料を参考にしましたが、明確でない部分もあります。
良い資料をお持ちの方は、ご一報頂ければ大変うれしいです。

下は参考にした記事の一覧です。